肌に負担をかける成分を排除、“本物”の高機能ミネラルファンデーション

「レイチェルワイン ミネラルメイクアップ」は、天然のミネラル(鉱物)で作られた、肌にやさしいファンデーションです。

 

「レイチェルワイン ミネラルメイクアップ」は、成分と配合にこだわり、肌トラブルの原因とされる防腐剤や合成界面活性剤、オイルや香料を含まないので、敏感肌の方でも安心して使えます。

 

「レイチェルワイン ミネラルメイクアップ」のこだわり7成分

ミネラルファンデーションは、油分や水分、安定剤やシリコンなどの添加物やケミカルな成分を使っていないことがウリではあるのですが、「主成分がミネラル」ということ以外は特に規定がありません。そのため、中には通常のファンデとさほど変わらない添加物が配合されているものもあります。

 

開発者のレイチェル・ワインは、「成分表示数が多ければ多いほど、肌には負担をかけやすい」として、配合成分が10種類以下であるミネラルメイクアップを推奨しています。「レイチェルワイン ミネラルメイクアップ」では

 

  • 透明感や自然な光沢、滑らかさを出すための「マイカ」
  • 消炎作用・SPF効果があり、汗や水に濡れても化粧落ちしない「酸化亜鉛」
  • 防水効果・SPF効果があり、カバーの役目を果たす「酸化チタン」
  • 肌を滑らかにし毛穴や凹凸を目立たなくする「シリカ」
  • 色を演出する「酸化鉄」
  • 皮膚を乾燥感から守り化粧崩れも防ぐ「ラウロイルリシン」
  • コーティング剤として肌への滑らかさを出す「水酸化Al」

の7つの成分を配合しています。

 

「レイチェルワイン ミネラルメイクアップ」のこだわり配合

実は、前述の成分でも20種類以上の異なったタイプがあるものもあります。同じ成分名でもまったく違った仕上がりになるので、どの成分をどれくらい、どのような製粉方法で、どれだけの粒子の大きさで配合するかが重要なのです。「レイチェルワイン」では各成分を厳選してブレンドし、求めている仕上がり感を実現しています。

 

また、肌に負担をかける油分やアルコール、防腐剤や界面活性剤を使用せず、肌への優しさを追求。油分を含まないので、クレンジングなしで洗顔料だけで落ちます。クレンジングによる肌ストレスが減少するのも肌には大きなプラスです。

 

通常、油分や水分・添加物を配合しないと、肌への密着度が弱まって化粧ノリが悪くなりがちで、化粧崩れもしやすいですが、「レイチェルワイン」では、厳密で適正な成分配合によって「余分なものは使わないこと」と、「見た目の仕上がりと感触のよさ」も両立させていることも人気の理由となっています。

レイチェルワイン公式HP